骨董雑学通

骨董はケチらないことで確実に価値あるものが手に入ります

壺
骨董を素人が見分けることはほぼ不可能です。しかしこの見分け方のうちもっとも信頼性をもっているのが実は価格なのです。基本的に骨董品が異様な安さで売られるということはありません。特に価値ある品物を取り扱っている店はあらゆるものが高額品であり高い商売しかしないものです。 しかし安物を取り扱っている骨董品店があるのも事実で、例えば露天で売っているところなどは高価な品物を極めて安い価格で売っていたりするのです。もしそれが本物であれば損失を被るだけであり普通ではありません。つまりほぼ確実に本物ではない可能性があります。 高額売買の場合にはそれが本物かどうかの鑑定を顧客側でも頻繁にやりますし問題があればすぐに悪評が立ち富裕層のネットワークに知れ渡ってしまいます。だからこそ、高額品を取り扱っている店舗は慎重に仕入れと販売を行うようになり、結果的に高額な骨董品ほど信頼度が高いという状況が生まれることになっています。